お便り葉書作品
                  作 山本純子
     

              

           

       

       

        

      

      

      

      

      

      

              



        

      

      





      

      

      

      

      

      

      

      

      

     

     


     

     









      

      

      

      

      

      

      

      

     

     

  

  

      

     

   

    

       

       

        
        

      
 先日帰省した時いただき物の菓子折を「持っていけ」と渡してくれた時は久し振りにジンときました。いつまでたっても子供の私であります。

      
 目の前には電話局の電波塔があり神様と交信(?)していますか?と問われている思いです。
      

      

       


       


        
              作 山本純子