最近の詩

目次へ
2009年 富 澤 誠 治
2009.12.1.
クリスマス
     生き方を大切にする
     それがキリスト教
     私の救いのために
     人の子として生まれ
     十字架への道を
     歩んでくださった主
     その主が共におられます
     私は主と共に歩む
     それが私の生き方です



2009.11.1.
礼拝
     久し振りの五七五

     おことばをいただけますと礼拝へ

     いただいたのは
     詩篇から
     苦しみに会ったことは、私にとってしあわせでした。
     私はそれであなたのおきてを学びました。
     詩篇119:71


2009.10.1.
希望
     希望を持ちにくい時には
     今日を
     精一杯生き
     普段の生活をすることかな

     この希望は失望に終わることがありません。
                   ローマ人への手紙 5:5

祈り
     祈りの生活は
     主が共におられることを知り
     召された人を忘れず
     生かされていることを
     みんなと一緒に
     みことばに支えられて生きること

交流
     人って不思議
     言葉を失うと
     世代間の交流を失い
     言葉を回復すると
     世代間の交流も回復する


2009.9.1.
しるし
     イエスさまは
     処女から生まれ
     死人を生き返らせ
     病人をいやし
     奇跡を行われた

     むくいられたのは十字架の死
     でも復活されました
     復活されたイエスさまがしるしです

     私は
     イエスさまと共に生きる
     それが私のしるしです

すべて益
     喜びも
     悲しみも
     教訓になって参ります
     益になって参ります
 (五月六月に心臓発作が連発しました。八月にMR検査を受けました。心臓を取り巻く冠動脈の三箇所が細くなっていることが分かりました。もっと正確に知るためにカテーテルによる検査を受けました。結果は治療をするかは微妙なところで九月に入ってから血流検査をして十分に流れていればよし、血流が少ないようでしたら治療をすることにしましょうとのことでした。)


記録
     日本では悪石島で
     皆既日食

     太陽は
     自然界に
     宗教に
     人に
     動物にも
     あらゆるものに影響を与えている

     子どもの頃
     ガラスを油煙で黒くしたもので部分日食見た
     今はしない方法
     太陽が欠けるのに驚いた

     2009年7月22日は
     雲厚く名古屋で日食は見られなかったが
     創造主が仕組まれた営みに驚きを込めた


2009.7.13.  睡蓮
     睡蓮が咲いた
     5年目に咲いた
     ただそれだけのことが
     うれしい

     人も
     人生の花咲かせたら
     うれしくなる

     人生の花は
     イエスさまによって
     生きるようになること
     それがうれしい
         


2009.7.1. 12坪の世界から

     12坪の中心に
     トマトが植えられて
     下から上まで
     青い実が鈴なり
     赤く色づくのを待ち
     熟すると収穫がうれしくなる世界

     私は12坪と共にあり
     12坪は私と共にある

     イエスさまは共にいてくださる

     私には
     イエスさまが共にいてくださることが
     一番大切な世界
     


2009.6.1. 睡蓮からの教訓

     手元に置いてから一度も咲かない睡蓮
     放棄すればそれで終わり
     管理育成すれば希望になる

     人も放棄すればそれで終わり
     かかわり続ければ希望になる

     一つの時代は去り、
     次の時代が来る。
     しかし地はいつまでも変わらない。
                      伝道者の書1:4

     変わらない主キリストに希望がある


2009.5.1. 押花絵二題

      花は散る
      私も散る
      しかし希望がある
     

      花は散る
      あなたも散る
      私も散る
      しかし
      ひとりひとり
      愛されてる
     


2009.4.1.

一日一日
        主に
        おたよりして生きる毎日が
        一番いいですね

辿って見て
        働きの始めをたどって見ると
        そこにドラマがあった
        苦痛だったこと
        恥ずかしいこと
        支えられたこと
        支えたこと
        教えられたこと
        うれしかったこと
        喜びをご一緒したこと
        辿って見て
        主の恵みと納得できました


       
2009.3.24.
        今年も桜花に出会えました
        ただそれだけのことがうれしい

        これからも主のお役に立てますように


2009.3.1.
熱中できること
        熱中できることがあると
        予定を忘れてしまい
        深刻な影響を与えてしまうから
        気をつけなくてはならないが
        それくらい没頭できることは
        喜ぶべきことではなかろうか

        指先が
        ピリピリと痛い
        トゲがあるのか
        ヒビ割れなのか見えないわからない

        73歳の現実(誕生日3/8)
        熱中もよいが
        "見えない"もありのまま受け入れなくては


2009.2.1.
       
もたれかかれる
        伸び過ぎて倒れてしまう水仙
        フェンスがありました
        もたれかかって花盛り

        私にももたれかかれる
        お方がいる

       
一輪
        「はい」ってくれたガーベラ
        「ありがとう」

        一輪を大切にすると
        一人を大切にするようになる


2009.1.1.

しあわせ
         もたれかかれる
         お方がおられる
         しあわせだなー
                箴言3:5 心を尽くして主に拠り頼め。

栄冠
         目標に向かっているなら
         順位はどうでもよい
         栄冠があるのだから
                テモテへの手紙第二 4:8 今からは、義の栄冠が私のために用意されているだけです。