2006年 ブログ
 2006年1月1日〜12月21日 utatomo36 ブログに発表したものです。押花作品は写真に圧縮がかかったようで色が変化してしまいました。原画を探さずにそのまま用いました。

一月

願い

     指導的役割を果たすために
     選ばれた人たちが
     無謀な決断をすることが
     ありませんように

     新年に
     思いを込めて


新年

     時間は
     連続しているとはいえ
     新年を迎え
     心新たになる


一点

     冬の庭に
     一点が輝きました。

     ひとりの存在が
     大切なんだなー
     


警告

     危険が迫っているのに
     警告しないならば
     警告しなかった人に
     責任が問われ

     警告を聞いても
     無視するならば
     無視した人の
     責任が問われる

     それが
     旧約聖書の世界

     警告することも
     警告されることも
     苦手な私に必要なことかも


ロマン

     今年も
     忘れられない
     物語のある
     年となりますように


働き

     役立ちたいと思うと
     お仕事が生まれるんだね


決まる

     やりたいことが決まると
     やる気が出るんだね


未完成

     時には
     完成しないことも
     価値がある


継続

     あきらめないでくださいね


報い

     苦労が報いられると
     大きな励みとなる

     報いられないとき
     どう生きるか課題だなー


行く先

     どこへを
     決めていると
     模索し計画し行動となる

     どこへが決まりますように


くやしい

     くやしいを大切にすると
     向上につながる

     くやしいをどこへ向けているのだろう


評価

     見方によって
     違うのだから
     簡単に評価してはならないよね


いたわり

     さりげなくが
     本当の
     いたわりになりますように


仕打ち

     どんな
     仕打ちでも
     人生の栄養源となりますように


蒐集

     その時は
     どういうことはなくても
     後で
     役立つことがあるんですね


めだかの日光浴

     いつもは
     見えないところに
     潜んでいるのに
     温かい日には
     見えるところで
     じっとして動かない


観察

     かんさつしていると
     わかってくることが
     沢山ある
     それが
     生き方や方策のヒントになる


安全

     危ないが
     一杯ある中で
     安全確保は大切だなー


プライド

     自尊心があるって
     大切なことのように思えます
     プライドを捨てることがありませんように


無駄にしない

     経験したことを
     無駄にしない
     それが
     きっと次のことに
     つながります


反響

     書かなければ
     言ってみなければ
     反響はない


完成

     失敗や挫折を経験しても
     やりとげまっとうしたいですね
     きっと何かが残っているんだから


ことば

     心に無いことは
     言葉にはならない
     だとすれば
     心がきよめられるか
     ことばを慎みたい


責任

     "何をしても良い"
     それが
     自由かも
     しかし
     責任も自覚しなくては


来る

     春はめぐって来る
     それを
     ごく自然に
     信じている

試練の中にいる人へ送ります


営み

     もっとよいものがきっとある

     それを期待します
     なくてもがっかりしないことにします


どちらかな

     耐えて
     自分を失ったり
     豊かにすることがありますよね
     今 どちらにいるのだろう


聞く

     よく聞くことができると
     理解が生まれ
     協力や建設がついて来る
     よろこびも


試す

     種を蒔き芽が出るか
     人工授粉して実がつくか
     試して見る
     成功してもしなくても
     次の試すが生まれる


成功

     成功は
     うれしいもの
     おごらず高ぶらず
     うれしいをかみしめたい
     次の成功のためにも


二月

我慢

     我慢が
     自己破壊になったり
     向上になったりする
     今 どんながまんなんだろう


驚き

     驚きって
     素晴らしい
     創造主に目覚め
     人々からも
     自然からも
     驚きが迫ってくる


景観

     景観は変わる
     都市の変化は
     すさまじい

     変わるものに目をとめ
     変わらないものに心をとめたい


キッカケ

     何がキッカケになるか分からず
     キッカケは突然やって来る

     キッカケを生かすと
     自分に益 人 社会に貢献となる
     そうなったらうれしい
     キッカケを生かすために
     物事に心を留めたい


信仰生活

     確かな信仰生活は
     何が起こっても
     変化しない生活

 ダニエル6:10 ダニエルは、その文書の署名がされたことを知って自分の家に帰った。・・彼の屋上の部屋の窓はエルサレムに向かってあいていた。・・彼は、いつものように、日に三度、ひざまずき、彼の神の前に祈り、感謝していた。新改訳聖書ダニエルから学びました。


着想

     何気ない
     ひらめきが
     人生を変えるような
     出来事になるとは


会議

     一つのことに向かって
     話し合い相談
     違う意見も出て
     内容が豊かになる


教育

     "しかられるよ 怖いよ"
     それは しつけられてきた言葉

     聖書は
     "恐れるな 恐れるな"の
     呼びかけで満ちている


拠り所

     拠り所を
     持っている人は
     動揺が
     少ないんだなー


起きる

     転んだままでは
     何も起こらない

     起き上がってみると
     見えてくるものがある


空路

     青空を見上げれば
     キラリと光る飛行機と飛行雲
     決まって同じ場所
     空路が決められているよう


競う

     競う
     それは"自分に勝つこと"と
     若者は言う

     人はみな
     "自分に勝つ"歩みをしている
     勝たせてくださる
     お方によって


勝利

しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。ローマ8:37 (新改訳聖書)
     


希望

この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。ローマ5:5 (新改訳聖書)
     


落ち込みの時に

     悪い面を見ていると
     落ち込んでしまう

     良い嬉しい面を
     見るようにしよう

     これがいつもできますように


恵み

しかし、主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現われるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。Uコリント12:9(新改訳聖書)
     


いのち

神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって私たちに、いのちを得させてくださいました。ここに、神の愛が私たちに示されたのです。Tヨハネ4:9 (新改訳聖書)
     


庭の花

     今年初めの花 水仙
     昨年も咲き
     今年も開花
     特別に何もしないのに
     顔を見せてくれた
     それだけのことがうれしい
     


永久存続信望愛

こういうわけで、いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。その中で一番すぐれているのは愛です。コリント人への手紙第一 13:13 (新改訳聖書)
     


前進

兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕えたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。ピリピ3:13.14.(新改訳聖書)
     


喜び

しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。ガラテヤ5:22.23.(新改訳聖書)
     


つくる

     教える者は
     自分をつくることから
     始めたい

     自分をつくることが
     良い手本になるのだから

     自分つくりを
     助けてくださる
     お方がいる


信仰

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。ヘブル人への手紙11:6 (新改訳聖書)
     


平和

あなたがたは、自分に関する限り、すべての人と平和を保ちなさい。ローマ人への手紙12:18 (新改訳聖書)
     


寛容

しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。ガラテヤ人への手紙5:22.23.(新改訳聖書)
     


一事励進

兄弟たちよ。私は、自分はすでに捕えたなどと考えてはいません。ただ、この一事に励んでいます。すなわち、うしろのものを忘れ、ひたむきに前のものに向かって進み、キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神の栄冠を得るために、目標を目ざして一心に走っているのです。ピリピ人への手紙3:13.14 (新改訳聖書)
     


ひらめき

     ひらめきが
     なくなると
     言葉もなくなる

在主永遠

イエス・キリストは、きのうもきょうも、いつまでも、同じです。ヘブル人への手が13:8 (新改訳聖書)
     


三月



私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。ヨハネの手紙第一4:10 (新改訳聖書)
     




     雪の日
     雨の日
     風の日には
     とじこもり
     陽の光とともに
     動き出す
     今 それがゆるされている


希望

     希望は
     持ちたいもの
     ちいさくても
     どんなときでも
     もちたいもの
     


信仰

     信仰は
     やっぱり
     聖書から
     吸収するのが
     一番合っている
     


前進

     後ろを振り向いたら
     意欲を失ってしまい
     前を向いたら
     道が続いていた
     


平和

     平和は
     小さくても
     ささやかでも
     大切にしよう
     


喜び

     喜びは
     近づいて行くもの
     喜びはいただくもの
     喜びは引き寄せるもの
     


平安

     不安があるから
     平安があることに
     気づくのかなー
     だとすれば
     不安は宝かな
     


平和

     平和は
     小さくても
     ささやかでも
     大切にしよう
     
押花絵を額に入れてみました。一つの作品になりました。


恵み

     生活できるのも
     仕事ができるのも
     息をすることも
     生きていることも
     みんな恵みです
     




     愛は
     ありのまま
     受け入れること
     受け入れられること
     


希望

     誰だって
     持ちたいもの
     小さくても
     持ちたいもの
     どんなときでも
     持ちたいもの
     


信仰

     信仰は
     やっぱり
     聖書から
     吸収するのが
     一番合っている
     


平安

     不安があるから
     平安があることに
     気づく
     だとすれば
     不安は宝
     


喜び

     喜びは
     近づいて行くもの
     喜びはいただくもの
     喜びは引き寄せるもの
     


いのち

私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。ここに愛があるのです。ヨハネの手紙第一4:10 (新改訳聖書)
     


寛容

しかし、御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。このようなものを禁ずる律法はありません。ガラテヤ5:22.23 (新改訳聖書)
     


在主永遠

「マタイ28章20節 また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。(新改訳聖書)」この聖句を永世在主 とまとめて見ました。救い主が共に居ますことを日毎に覚えることは、信仰生活の初歩であり成長した信仰生活の姿でもあります。この巻頭言(詩の友第五六号一九八一年六月)を受けて島村亀鶴先生が"「永世在主」炎天下行くときも"と詩の友第五七号一九八一年八月へ特別投稿してくださいました。それがいつのまにか 在主永遠 になりました。
     


勝利

しかし、私たちは、私たちを愛してくださった方によって、これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。ローマ人への手紙8:37 (新改訳聖書)
     


四月〜七月

受難日

 今日はイエスさまが十字架にかかられた日として聖書の記事を思い出します。そして十字架の犠牲は私のためであったとイエスさまによってもたらされた救いを新たにいたします。
     
 イエスさまの十字架に私やあなたへの愛が込められています。


イースター

今日はイースターです。
     
イエスさまの復活は私やあなたと共に居てくださるためです。



      
 押花で光のある道を表現しました。
聖書のことばは、詩篇119:105 あなたのみことばは、私の足のともしび、私の道の光です。(新改訳聖書)
     
     道に光がある
     なんて
     おだやかなことか


見る
     
 庭の花を見ているとくつろぎが生まれたり、思い出が生まれたり、世話したくなる。




     道に光がある
     なんて
     おだやかなことか
     


クレマチス
                       
     クレマチスが十輪
     咲きました
     来年は
     倍の花が
     咲きますように
     


だめだよ  

     小さなミカンの苗に
     卵を産みつけては
     だめだよ
     幼虫には
     足りないよ
     


菖蒲

     子供の時は
     お風呂で香りを楽しんだ
     今 花を見る楽しみとなっている
     


菖蒲の花
     
三日目にはしおれ始めた

 花のいのちはみじかくて苦しきことのみ多かりき  林 芙美子

     人生をよく表した言葉として
     同感し記憶している
     しかし
     創造主のふところでは平安
     これは菖蒲の花からの実感


菖蒲の花
     
     花のいのちは
     短いのに
     何回もつぼみを
     ふくらませしおれ行く

     一回の人生も大事にしなくては


菖蒲の花

終えることは継承することかな
     
 菖蒲の花を観察して人生の一つの姿を教えられました。終わることは次へと引き継ぐ大切なお仕事があるんだと感じました。菖蒲の花を抜き取るとそこには種が入る鞘がありました。


朝顔

     今年も咲き始めた朝顔
     昨年はこぼれ種で花が咲き
     今年は採種し種まきをして咲いた
     何でも
     手を入れるだけ
     感心が深まる
     


ペチュニア

     冬を越し
     種が芽生えた二種類が満開
     一輪づつ咲き続ける夏の花
     水やりを怠ると
     すぐにしおれてしまう花。
     


ペチュニア
     
切り戻しすぎたかな。


ペチュニア

     切り戻されても新芽を出して成長する
     たくましいペチュニアの姿に励まされる 
     


朝顔

     輝いて
     咲いているのは
     朝だけ
     出会った人に
     お元気でねと言っている
     


八月は2005年の作は "平和への願いを込めて" と2006年には入れられていました。

夏の花

     どんなに暑くても咲いている百日紅(さるすべり)
     見ていると励まされる
     



そかい 

     米軍の空襲を避けて
     住居を移転すること
     それが疎開

     大八車に
     荷物を乗せて
     田舎へ行った

     難民だった

     そのとき起こったことを忘れず
     戦争を起こすことなく

     世界の難民に
     目を向けなくては


友達 

     疎開でできた
     始めての友達
     次の日には
     帰らぬ友人になっていた

(空襲のため防空壕に逃れたが焼夷弾の重りの直撃で帰らぬ人となった)


空襲 

     B29爆撃機の編隊飛行
     布団をかぶり
     畑の中へ避難
     上からは
     焼夷弾の投下
     町には火の手が上がり
     大火災
     国民学校(小学校)も燃え始めた


雑炊 

     おわんをのぞけば
     顔が写るぞうすい
     食べても空腹は
     そのまま
     亡き親は
     食のために
     さぞ苦労したことだろう


栄養 

     遊びで
     小ブナ ドジョウ タニシ とり
     それが
     蛋白源となった


食料 

     運動場は
     いも畑
     空いた土地は
     ことごとく
     食料供給地


危険 

     不発弾をけずり
     花火の材料
     なんとあぶないことを
     したことか


戦争 

     戦争がないって
     うれしいこと


戦争 

     戦争がないって
     建設のみがあること


戦争 

     戦争がないって
     おだやかにおれること


戦争 

     戦争がないって
     明日への希望が持てること


戦争 

     戦争がないって
     みんなで願うこと


戦争 

     戦争がないって
     明日へ引き継がれるべきこと


戦争 

    戦争がないって
    みんなで努力すべきこと


おわび 

     韓国 インドネシア 中国 タイ フィリピン
     お会いした人に
     お国にひどいことをして
     ごめんなさいね

     あの頃は異常でしたね

     そんな返事が返ってきた


願い 

     武器によって
     人が死に向かうことがなくなりますように

九月のブログはありませんでした。
十月〜十二月

なぜ

     なぜ見とれるのだろう
     色に引かれるからだろうか
     香りに引かれるからだろうか
     形に魅せられるからだろうか
     いえいえ
     創造主からの贈り物と思うからです
      


紅葉一枚

     一枚の紅葉を見て学びました
     人の変化に気付いてあげるって大切なこと
     気付いてもらうとうれいですよね
     


コダチダリア(皇帝ダリア)

     コダチダリアが紅葉の中で咲いていた
     紫の花びら八枚を広げて
     咲いていた
     

 紅葉、常緑、紫の花、見ているだけで創造主をほめたたええる心がわいてくる。創造主をほめたたええる恵みは生活の中にある。見つけるのは人、私たちです。


クリスマス
     
     クリスマスおめでとうございます。
     イエスさまの救いが
     一人でも多くの人に受け止められますように。