以前の詩

詩の友 第118号 1992年2月

投稿 「山茶花」 鴨下わたる

     きびしい寒さの中に
     赤と白の花を咲かせ
     みどりの葉を茂らせる
     山茶花を見た

     こごえるような日も
     ふるえおののく時も
     愛に燃えけがれなく
     常にうるおっていた


投稿 「空色小花」 渡辺久美子

     冬の陽だまりの中で
     空色小花が咲いている
     青い空の色をそのまま
     うつしたように
     群れて咲くイヌフグリの花

     しばし足をとめてみつめてしまう
     そんな かわいい小さな花


118号の富澤誠治作

冬の落葉樹

     落葉樹の
     冬の姿を
     見ていたら
     希望が見えて来た

     きびしい冬には
     枯れ木であっても
     春を迎えると
     新芽を吹き出す

     それを思うと
     新しい
     希望に
     心が燃える


求めよ

 「わたしに求めよ。わたしは国々をあなたへのゆずりとして与え、地をその果て果てまで、あなたの所有として与える。」詩篇2篇8節(新改訳)
     なんとすごい約束
     聖書のことばに
     たじろいでしまう

     しかし
     約束を信じて
     歩むか
     歩まないかは
     わたしの課題

     信じよう
     わたしに求めよと
     言われるお方を

     信じる心を
     持ったら
     気持まで
     広くなってしまった


失ったもの

     地下鉄の
     定期券を失った
     それがくやしくて
     涙していたのに
     見つかったら
     うれしくて
     歌まで作った娘

     歌声を聞きつつ

     一匹の羊を
     見つけて
     大喜びした羊飼い

     銀貨一枚を
     見つけた女の喜び

     放蕩息子が
     帰って来たと
     大喜びした父

     ルカの福音書15章の
     失ったものを
     見つけた喜びを
     かみしめた


心を新しく

一粒の麦と死したるナディーンの心受け継ぐわが生涯に
 (私にキリストを信じるキッカケ、献身のキッカケを作ってくれた宣教師夫人、日本脳炎におかされて天国へ、遺体は軽井沢へ埋葬された。その事実に応えて歌った心の歌です。)
     決心した
     日のことを
     思い出し

     日本同盟基督教団
     百周年の
     記念集会で
     心を新しくする

     主キリストに
     従うことは
     何にも勝って
     私に必要なこと

     収穫のために

     心を新しくした
     その日
     軽い心臓発作

     二時間の
     安静の後
     百周年記念大会の会場を
     あとにする

     心を
     新しくして

詩の友 第119号 1992年4月

投稿 「風つよし」 渡辺久美子

     風つよし 春の風
     木々をゆらし葉音をたてる
     風つよし されど心さわがず
     主にあって生かされている
     心やすらか


119号の富澤誠治

冬の花

     日本では
     冬の花
     洋らん

     同じ環境に
     置かれているのに
     デンドロビュームの五鉢
     三つの鉢は
     花をつけたのに
     二つの鉢は
     高芽ばかり

     来年は
     花を咲かせるように
     願いながら
     開花鉢のかげに
     そっと置く
     期待が込められて


しおれ花

     本年は
     押花材にするのは
     やめておこう
     思っては見ても
     花がしおれかけると
     切りとって
     押花材

     しおれた花が
     電話帳に
     はさみこまれて
     別の美しさを
     取りもどす

     しおりにして
     聖句を
     書き入れ
     落款を押せば
     心のこもった
     みことばの
     プレゼントとして
     役目をはたす

     みことばを
     引き立たせる
     役を


なすべきこと

 「あなたがたは正義の種を蒔き、誠実の実を刈り入れよ。あなたがたは耕地を開拓せよ。今が、主を求める時だ。ついに、主は来て、正義をあなたがたに注がれる。」ホセヤ書10章12節(新改訳)
     旧約聖書
     ホセアの預言
 「ついに、主は来て、正義をあなたがたに注がれる。」
     祝福の預言は
     実現しなかった

     イスラエルは
     滅びてしまった

     なぜだろう

     「正義の種を蒔」かなかったからか

     「耕地を開拓」しなかったからか

     「主を求める時」に
     求めなかったからか

     イスラエルの歴史によって
     今 私たちに
     なすべきことが
     語りかけられている


イースター

「恐れるな。わたしがあなたを贖ったのだ。」イザヤ書43章1節(新改訳)
「恐れるな。わたしがあなたとともにいるからだ。」イザヤ書43章5節(新改訳)
     恐れがいっぱいの中で
     イザヤ書の
     ことばを
     読んだだけで
     恐れがなくなり
     不思議な
     平安が心を支配する

     よみがえられた
     キリストが
     ともにいてくださる
     イースターのめぐみ

詩の友 第120号 1992年6月

紹介 足跡

     人生を振り返ると
     いつも
     二組の足跡があった

     それは
     私と
     共にいて下さる
     主イエスの
     足跡だった

     しかし
     困難な時
     悲しみの時には
     一組の足跡しかなかった
     "主よなぜですか"と
     私は問うた

     主は言われた
     "あなたが 苦しい試みにあった時は わたしがあなたを抱き上げて 歩いていたからです" 足跡より


投稿   鴨下わたる

希望

     冬にさえも
     赤く咲く花がある

     暗くても
     輝く星がある

     貧しくても
     ほほえむ妻が共にいる


確かさ

     暗い夜は
     日の出によって
     消えていった

     忍耐の日々は
     輝かしい明日となる
     試練の中のある日

     思わぬところからとどいた
     贈り物によって
     神の確かさを知らされた
 「私たちは、この望みによって救われているのです。目に見える望みは、望みではありません。だれでも目で見ていることを、どうしてさらに望むでしょう。」ローマ人への手紙8章24節(新改訳)




     めざまし時計の
     非常なベルに
     時間の現実を味わう

     どんなに ねむくても
     今ふとんに入ったばかりかと
     感じられても
     確かに
     今は朝の五時

     人生の総決算をする日も
     待ったなしでやって来る

     「機会(とき)を十分に生かして用いなさい」 聖書


融通

     要領が良く
     努力を惜しまぬ人が
     賞賛される

     だが 毎日どんなに忙しくても
     まず 聖書を読んで
     お祈りをしなければ
     生活が始まらない

     そんな融通のきかない人を
     神さまの方が融通して
     生活を保証してくださる


投稿 「平和」 渡辺久美子

     武器を捨てて
     自我を捨てて
     欲望を捨てて
     世界中の人が
     もっと他の人のことを思いやり
     み言葉に耳を傾けたら
     本当の平和が与えられる
 「平和をつくり出す人たちは、さいわいである、彼らは神の子と呼ばれるであろう。」マタイによる福音書5章9節(口語訳)


120号の富澤誠治作

人って不思議

     きびしく対すると
     きびしく返って来る

     ふきげんに対すると
     ふきげんに返って来る

     悲しく対すると
     涙か
     励ましが返って来る

     暗く対すると
     不安が返って来る

     喜んで対すると
     ひにくか
     笑いが返って来る

     人って不思議


祈り

 「私が呼ぶとき、答えてください。私の義なる神。あなたは、私の苦しみのときにゆとりを与えてくださいました。私をあわれみ、私の祈りを聞いてください。」詩篇4篇1節(新改訳)
     祈りは
     私の問題を
     解決するためばかりでなく

     神さま
     あなたのご目的が
     行われるためであることを
     もっと分からせて
     いただくためでした

     でも解決すると
     うれしくって
     神さまのご目的が
     達成されることが分かります


岩ツツジ

     園芸種でなく
     野生のまま
     春蘭と
     岩ツツジを
     寄せ植えされた
     岩ツツジが
     三輪花を咲かせた

     花を楽しむ私に
     送ってくださった方は
     キリストを信じて
     今は天国
              

詩の友 第121号 1992年8月

紹介  「友よ聞こう」  浜田耕司郎作

     友よ聞こう
     あの息づかいを
     心すさみ憎み合う時
     まぶねに眠る
     幼児の遠く
     かすかな息づかいを

     友よ聞こう
     あの息づかいを
     心おごり高ぶる時
     貧しい人に惜しみなく尽くす
     イエスの息づかいを

     友よ聞こう
     あの息づかいを
     思い悩む戦いの日に
     十字架上
     キリストの
     あえぐ苦しい息づかいを

     友よ聞こう
     あの息づかいを
     罪を悲しむ時
     信じる者によみがえる
     主の復活の息づかいを

     友よ聞こう
     あの息づかいを
     恵みの時 救いの日に
     父と子の愛
     聖霊のいのちあふれる息づかいを


121号の富澤誠治作

約束

「わたしはまたその地に平和を与える。」レビ記26章6節(新改訳)
     名古屋へ来る時
「私は、神の力の働きにより、自分に与えられた神の恵みの賜物によって、この福音に仕える者とされました。」エペソ人への手紙 3章7節(新改訳)
     パウロの確信を
     私のものとして
     決心した

     福音に
     仕える任務を
     初心にかえって
     意識させていただいた

     私にとって
     神のご命令に
     生きることは
     平安


イヌノヒゲ

     名古屋市天白区
     植田山

     草むらを見ると
     太陽の光を受けた
     イヌノヒゲの
     じゅうたん

     写真機を
     持っていれば
     写しただろう

     画材を
     持っていれば
     絵にしただろう

     脳裏に
     きざみ込まれ
     文字となった


軽石の中の寄せ植え

     ヤブコウジ
     春には
     白い花を咲かせ
     夏には
     青い実をつけて
     涼しそう
     秋には
     実の色が変わり
     冬には
     赤い実をつけて
     輝いている

     イヌノヒゲ
     水が多すぎるのか
     長くのびて
     薄紫の花を
     一輪づつ
     咲かせて
     しおれる

     ヘラシダ
     ヤブコウジの
     陰にかくれて
     緑をいつも
     保っている

     軽石には
     コケがついて
     一つの世界を
     つくっている


礼拝の喜び

     昔イスラエルの人々は
     きずついたものを
     たずさえて
     礼拝は
     できなかった

     今私たちは
     キリストによって
     救われ
     いやされて
     神の前に
     出ることができる
     礼拝の民とされている

     キリストの
     救いを
     礼拝で意識すれば
     きずはいやされ感謝と
     喜びがあふれて来る

詩の友 第122号 1992年10月

投稿  鴨下わたる

祈りとは

     私が祈っているお方は

     アブラハムが
     モーセが
     ヨシュアが
     名を呼んで祈った神
     大いなる全能者

     老婆にイサクを生ませ
     紅海を 真っ二つに分け
     エリコの城壁を壊した
     あの大いなるお方です

     私の名も
     主なるお方が
     手のひらにきざんで覚え
     親しく聞いてくださる

     大切なのは信仰だけです


祈りの谷

     ネアンデルタールと聞けば
     類人猿の骨が
     出た所だと
     思っていたのに
     「ネアンデ牧師の谷」という
     意味だと聞いた

     毎朝 毎朝
     ネアンデ牧師が
     自分の教会の
     信徒の名をあげて
     お祈りしていた谷が
     その名になったという
     そんな祈りの記念碑を
     残したいものだ


投稿  渡辺久美子

オンシジュウム

     昨年購入した オンシジューム
     小さな株に
     一本ひょろっと伸びた花茎
     母の好きな黄色の花だから
     つい買ってしまったのでした
     それから一年
     オンシジュームの株は元気に育ち
     春に植えかえをし
     夏の暑さを乗り越え
     花芽を二本つけました
     秋 はじめの九月
     部屋の中で
     黄色の花を咲かせています
     母が一言
     "はじめて見た こんなにきれいな花があるんだね" と思ったとつぶやいて

     神様 オンシジュームをありがとう


秋桜だより

     秋になりました
     あなたの好きな秋桜が咲いています
     一見 弱そうに見えますが
     実は とてもしっかりしている秋桜
     あなたは やさしい人だから
     秋桜の花がお好きなのでしょうか

     秋桜だよりをお届けします
     どうぞ お元気でいてください
     そして いつかまた教会で
     お目にかかれる日を
     心待ちしています


122号の富澤誠治作

EMFジャーナル

     EMFは
     福音主義医療関係者協議会の略称
     第二十三巻一号
     特集
     第八回国外研修報告

     名古屋福音伝道教会の
     木下郁子さんは
     看護学校 保健科に学ぶ
     正看護婦資格者

     フィリピンの
     セブ島 カモテ諸島の一つ
     ポロ島のアティポ村の
     キリスト者との出会いの中で
     新しい発見をした

     報告書の一文を
     詩の形に変えて
     ご紹介

     発見

     本来
     神様の愛
     恵みの雨が
     目に見えない雨が
     降り注いでいる

     しかし私たちは
     名誉
     自分勝手
     怠慢
     独り善がり
     忙しさの
     傘をさし
     恵みがあたらないようにしている


     国外研修で
     なんとすばらしい
     発見をしたものかと
     記録した

     報告書を読んだ私も
     教えられた


恐れが消えて

     だれだって
     不安や
     恐れがある

     押しつぶされるか
     乗り越えるか
     それが
     課題

     主よ
     今
     恐れがあります

     みことばをください

     そう祈って
     聖書通読の箇所を
     読んだら

「恐れるな。勇気を出せ。」ゼカリヤ書8章13節(新改訳)

     感謝して
     祈りだしたら

     不安が去って
     恐れが消えて
     神を愛し
     人を愛する
     心ができていた


エビデンドラム

     小さな鉢に
     植えられた
     エビデンドラム

     三本のくきに
     七月から
     十月のきょうも
     次々に
     花を咲かせている

     一本には
     種のサヤもつき
     日毎に大きくなって
     実らせている
     サヤが割れる前に
     摘み取って
     種を蒔いてみよう

     名古屋で
     新しい楽しみがふえた

     小さな苗を
     いただいて
     十数年
     毎年花を見た

     種がついたのははじめて
     本年は
     蜂が何匹も
     来ていたからだろう

     教会堂の屋上にも
     いのちのいとなみがある

     
          鈴木邦俊牧師からいただいたエビデンドム

詩の友 第123号 1992年12月

投稿  渡辺久美子

りんどう

     りんどうの花が
     笑うように ひらいていた

     秋の めぐみ


ドライフラワー

     もう一度 花を楽しみたいと
     ドライフラワーを作ります
     今秋は 実ものにも挑戦しました
     朱色の カラスウリ
     紫の色が 何とも古風な ムラサキシキブ
     香りのよい フジバカマ

     先に仕上っている スターチスやバラへ
     仲間が増えましたよ

     ヒメリンゴは出来ないかな

     初冬を迎えて

     心平安です


123号の富澤誠治作

鶴舞公園

     図書館へ行くつもりが
     休館日で
     公園散歩

     池のほとりのモミジの紅葉

     池をとりまいて
     話しこんでいる人
     水彩画に熱中している人
     写真を写している人

     思い思いに
     動きがある

     私は
     陽だまりで
     作詩する人
     休館が憩いになった


初冬のバラ

     冬を前に
     春の花とは違って
     色濃く
     充分には
     花を開かず
     力をふりしぼって
     咲いている

     けなげな姿に
     見とれてしまった

     ふと見ると
     バラの実がついている

     芝生をまたいで
     摘み取り
     割って見る
     中には
     幾つぼだろう
     種が入っている
     帰宅してすぐ
     鶴舞公園のバラと
     ラベルに書き 種蒔き
     きっと咲くだろう
     花を見るのが楽しみ

     楽しみがあるって
     うれしいこと

     


陽だまりにいると

     逆光の中の
     風景も美しい
     光の当たっている方は
     別の色があるだろう

     一つのことでも
     両面から見ると
     不思議な
     発見をする

     人を見ても


松原湖研修会

     攣縮性狭心症
     いつ発作が起るかと
     思うと
     遠出が不安になる

     発作がつらいからだろうか

     人にご迷惑をかけてしまう
     思いがあるからだろうか

     不安になるのは事実


車内から

     中央線 列車の窓から
     山を見ていると
     緑は遠慮するかのように
     色は控え目
     落葉樹は
     紅葉の美しさを
     見せてくれる

     まもなく散り行く前の
     あでやかな色彩
     寒さにさらされて出る
     美しさ


研修会の夜

     松原湖キャンプ場の
     落葉した
     から松林

     樹間から見える
     満月

     きりっと身がしまる
     寒さの中で
     見事な月

     神の創造のわざに
     心 とかされる
     これから
     深い
     厳しい
     冬を迎えるのに


下呂への伝道問安

人の知恵


     飛騨川を
     名古屋から
     下呂までの
     車窓から見る

     数えなかったが
     何箇所かの
     人工湖

     ダムは
     水害防止にもなるだろう
     水力発電にもなるだろう
     人の知恵を見た

     もっとも大切な
     知恵は
     創造者を知る知恵


山の美

     雑木の山と
     植林された
     杉の木の山
     桧の山

     それぞれの
     美しさがある

     山の中に住む人々の
     生活が見える


落葉樹の中の紅葉

     枝ばかりになった
     木々の間に
     まだ残っている
     紅葉樹

     初冬の山に
     見とれてしまった

     落葉した木は
     なんだろう

     下呂の教会の
     人々から
     ナラ コブシ ケヤキ
     クヌギ クリ
     次々に
     木の名が出て来た

     教えたり
     教えられたりは
     すばらしい


目次へ