以前の詩

詩の友 第94号 1988年2月

94号の富澤誠治作

お便り

     お便りの
     大半は
     詩篇のことば

 知れ。主は、ご自分の聖徒を特別に扱われるのだ。私が呼ぶとき、主は聞いてくださる。恐れおののけ。そして罪を犯すな。床の上で自分の心に語り、静まれ。義のいけにえをささげ、主に拠り頼め。多くの者は言っています。「だれかわれわれに良い目を見せてくれないものか。」主よ。どうか、あなたの御顔の光を、私たちの上に照らしてください。あなたは私の心に喜びを下さいました。それは穀物と新しいぶどう酒が豊かにあるときにもまさっています。平安のうちに私は身を横たえ、すぐ、眠りにつきます。主よ。あなただけが、私を安らかに住まわせてくださいます。詩篇4篇3-8節(新改訳)

     聖書(みことば)からの
     お便りが
     感動をもって
     心にせまり
     力と励ましになる
     こんな喜びは
     他にはない




     晴天に
     ひとすじの雲
     横になびき
     朝日を受けて
     美しく輝く

     雨天に
     雲たちこめて
     人の心を圧す

     くもり空
     雲の切れ目から
     光さしこむ
     なんとも美しい

     真昼の雲
     上から
     太陽の光に
     照らされて
     下側は灰色

     いつも
     光に照らされている
     それが私の幸福


土の上を歩く

     都会の中の
     公園へ
     歩道から入り
     土の上を歩く
     ちょつと弾力があり
     足に心地よい

     こんな発見は
     都会の中にいないと
     わからない

     都会の
     歩道は
     石だたみ
     車道は
     アスファルト

     砂ぼこりが
     舞い上がるのは
     公園の中
     なのに
     土の感触が
     たまらなく
     心地よい

     子供のころの
     道は
     大きな穴
     小さな穴が
     いっぱいで
     雨の日には
     車に泥水を
     はねかけられる
     晴天の日には
     家の中まで
     土ぼこりで
     色づいてしまう

     同じ土
     それがいま
     足に心地よい

詩の友 第95号 1988年4月

95号の富澤誠治作

一枚の押し花

     本にはさまれた
     一枚の押し花
     なつかしい
     思い出がこめられ
     手に取るごとに
     その日の
     情景が目にせまり
     痛ましいこと
     うれしかったこと
     怒りにもえたこと
     日付は
     わからなくとも
     思い出される

     神のめぐもと
     聖書のことばによる
     はげましが
     いつまでも
     残る
     そんな
     毎日を過したい

     神は
     その願いを
     かなえてくださる


記念の石

     1983年1月19日
     多摩川石
     ゆり 中一 マラソン
     二十三位
     記念文の書かれた石

     この石
     もう捨てようかな
     娘の ゆり が
     そう言いながら持ってきた

     そう言えば
     キリシタンの
     殉教者の島
     瀬戸内海の
     鶴島を
     尋ねた時に
     記念にと
     持ち帰り
     自分で造った
     備前焼のつぼと
     組み合わせて
     花入れとして持っている

     それを見るたびに
     信仰をもって
     つらぬいた人々のことを
     思い出す

     殉教者が出るような
     時代にならないように
     宣教の自由が
     礼拝の自由が
     守られるように祈る


聖書から

 主に感謝するのは、良いことです。いと高き方よ。あなたの御名にほめ歌を歌うことは。朝に、あなたの恵みを、夜ごとに、あなたの真実を言い表わすことは。
十弦の琴や六弦の琴、それに立琴によるたえなる調べに合わせて。詩篇92篇1-3節(新改訳)

     主に感謝するのは
     良いことです
     感謝すると
     主をさんびすると
     心が変えられて
     晴れ晴れとして
     やっぱり
     生ける主
     神に
     お頼りしてよかった

     こんな大きな
     めぐみをひとりじめにせず
     日毎に
     人々に言いあらわさなくては
              

詩の友 第96号 1988年6月

96号の富澤誠治作

花にさそわれて

     花にさそわれて
     種をまき
     芽が出るのを見
     育つのを楽しみ
     花を喜び
     ふやそうと心豊かになる

     花にさそわれて
     挿し木をし
     根づいたのを見
     育つのを楽しみ
     花を喜び
     ふやそうと心豊かになる

     花にさそわれて
     株分けし
     花を喜び
     やっぱり
     ふやそうと心豊かになる

     聖書に
     養われて
     福音を伝えると
     心豊かになる


押し花

     娘から
     押花器のプレゼント

     花が平らに
     のばされて
     色あざやかに
     仕上る

     押し花を台紙に張り
     聖書のことばをそえて
     プレゼント

     聖書のことばを
     送るのも喜び


中日新聞から

     どんなに日当たりが悪くても
     どんなに土がやせていても
     そこに向く草や木はあるもの
     あまり肥えた土では
     アゲラタムは花はつけず
     あまり日当たりのよいところでは
     シダは育ちません
     花を作るとは
     その花の好きな環境を
     作ってやるだけ
     花はひとりで咲き
     ひとりで実を結ぶのです


     こんな詩を発見して
     花にさそわれる人が
     あちこちにいる
     それがうれしい
    

詩の友 第97号 1988年8月

97号の富澤誠治作

押花

     花を見ると
     押花にしたくなる
     教会堂の屋上で
     咲いた花すべてが
     押花の材料
     立木ベコニヤは
     赤があざやか
     ギボシは
     薄紫がきれい
     ネジリ花は
     ピンクでも
     押花にすると
     茶色に変ってしまう

     わざわざ
     押花にと
     とどけられた花を合せて
     額装
     とうとう
     詩集をそえて
     押花展になってしまった

     ギャラリーから
     "押花展をしてみませんか"
     お誘いも受けて
     とてもうれしい

     一番 喜んでくださるのは
     ゆりの花のことを
     考えて見なさいと
     言われた
     イエスさまにちがいない


聖書

     読み始めて
     何回読了しただろう

     時には
     三年かかって
     やっと読了

     一年に一回は
     読了しようと
     決心して
     何年になるだろう
     本年は
     三回は読もう
     決心して
     達成できそう
     心臓病を得て
     できるめぐみ

     何回読んでも
     聖書は
     毎日毎日の
     心の糧
     読んでも読んでも
     あきることがない

     読めば
     読むほどに
     神のことば
     それを実感する

     聖書のことばに
     支えられ
     励まされ
     生きる

     生かされている
     めぐみを
     きょうも
     ふかくふかく
     かみしめる

     使命に生きるめぐみを
     かみしめる


目覚める幸い

 目をさましなさい。そして死にかけているほかの人たちを力づけなさい。黙示録3章2節(新改訳)
     メッセージを
     語る前の
     主日礼拝の朝
     祈りの時
     聖書通読の
     箇所から
     得た聖句
     その日を生かした聖句
     主日のすべての
     予定を終了し
     満ちたり
     "感謝" の
     言葉以外はない

     一番目覚めたのは
     牧師である
     私だったのだろう

     私だけでなく
     教会のすべての人が
     日本のすべての人が
     世界のすべての人が
     目覚める幸いを
     得てほしい

     創造された
     世界から

     人と人との
     関係の中から

     創造主なる
     神に
     目覚めてほしい


喜び

     家族が
     なごやかに
     暮らしている喜びもあり

     物が豊かで
     不自由のない
     喜びもあり

     自分の好きなことを
     楽しみつつ
     行う喜びもあり

     もうけて
     喜ぶ
     喜びもあり

     人の世界には
     計り知れないほどの
     喜びがあるように
     見える

     旧約聖書の
     預言者ハバククは
 私は主にあって喜び勇み、私の救いの神にあって喜ぼう。ハバクク書3章18節(新改訳)
     人々の
     真の喜びは
     何なのか
     明らかにした
     ことばではないか




     成人を迎えた
     長男は
     松原湖へ

     娘は
     サークル活動で
     鳥羽へ

     子供たちは
     それぞれ巣立ち
     夫婦だけになるだろう
     でも与えられた使命は変らない
             

詩の友 第98号 1988年10月

紙上説教 「あなたの健康のために」 富澤誠治

 新約聖書 ペテロの手紙第一 4章10節に「それぞれが賜物を受けているのですから、神のさまざまな恵みの良い管理者として、その賜物を用いて、互いに仕え合いなさい。」(新改訳)と記されています。
 つまり私たち人の健康は神からの賜物であると理解することができるのです。また健康は管理され互いに仕えるために用いられるべきものなのです。
 しかし実際には自分の健康について不安を持っているというのが現実です。近くの書店に行き健康について記されている本をメモしてみました。三十五冊の本が書棚に並べられているのに驚きました。それ程、健康について深い関心がよせられているということでしょう。
 私たち人は、衣・食・住、どれも欠かすことはできません。毎日生活をしています。そうした中で大切なことを忘れていることがあるのです。それは所有者ではなく管理人という意識です。
 良く考えて見れば、私たちは何でも所有しているのではなく実は管理がまかせられていると言うことです。それがいつのまにか自分が所有しているかのように考えてしまいます。
 具体的に言いますと自分で働いて得た給料だ自分の自由にしたい。誰でも身に覚えのあることではないでしょうか。しかし今生きているのは自分の力によるのではないのです。いのちは与えられたものです。お与えくださったのは神です。自分の存在原因は神にあるということです。このことを認めないと自己中心的な生き方をするようになるのです。何もかも自分が所有者であると考えてしまうのです。
 その結果、互いに仕え合うことはありません。与えられているものを用い役立てることはありません。つまり与えられているものを管理し役立てることがないのです。
 与えてくださった神のために、管理し役立てません。与えられたいのちを大切に管理し役立てません。与えられた時、与えられた財、与えられた健康、与えられた才能、これらのものを管理し役立てません。キリスト者には加えて福音の奥義が与えられています。
 神から与えられているものを管理し役立てることが真の健康だと思うのです。たとえわずかしかなくても良く管理し役立てるならば、その人は健康な人と思えるのです。
 NHKの特別番組で紹介された星野富弘さんは、新任の体育の先生でしたが演技の事故で不自由な身になられました。それでも今は、口に絵筆をくわえて絵を、そして詩を書かれ、その生きざまを絵と詩によって多くの人々に、励まし・慰め・希望をもたらしています。
 キリスト教専門書店調査によると今読まれている本のベストテンの一番が星野富弘さんの詩画集「鈴の鳴る道」(偕成社刊)だそうです。
 星野富弘さんは、足も手も使えません。しかし口にくわえた絵筆を用いているのです。わずかな機能を役立てておられます。その詩画集を見るとわずかなものしかなくても健康な人と感じます。
 人から見れば苦しくつらいことと思われるものを神がお与えくださったものと信じ与えられているものを管理し役立てておられる姿に健康を発見するのです。
              

詩の友 第99号 1988年12月

99号の富澤誠治作

エルサレム
 「エルサレムよ。もしも、私がおまえを忘れたら、私の右手がその巧みさを忘れるように。もしも、私がおまえを思い出さず、私がエルサレムを最上の喜びにもまさってたたえないなら、私の舌が上あごについてしまうように。」詩篇137篇5.6節(新改訳)

     1981年春
     エルサレムをおとずれた
     その時は
     飛行機に酔ってしまい
     こんな苦しい
     飛行機の旅は
     もうごめんだ思っていた
     それが一年を経過した今
     エルサレムがとても慕わしい
     野のゆりの里だからだろうか
     信仰の父アブラハムが
     イサクをささげた地だからだろうか
     ソロモンの神殿が
     建てられた地だからだろうか
     イエスが十字架に
     つけられた地だからか
     一度おとずれたからか
     わからない
     とにかくエルサレムが慕わしい
     同じ地球の上に住んでいるのに
                  1982年 春
     来る元旦から十三日間
     "聖書の世界を確かめて見る祝福" を
     テーマに
     聖地旅行が実現する
     確かめていただきたい
     願いがかなった
     喜びとともに
                  1988年12月


秋の色

     枯れ枝が
     だんだんふえてくる
     十一月の天城山荘

     枯れ枝になる前に
     色あざやかに
     紅葉して
     私を
     楽しませ
     冬の姿に
     なって行く
     モミジ

     春には
     新緑の
     美しさを

     夏には
     日かげのすずしさを

     冬には
     葉はないが
     太陽の光を
     地表に送り
     温まりを

     季節に
     したがって
     与えている

     どの時季も
     モミジの
     役目をはたしている

     その時の
     役目を私も
     はたさせていただこう
     キリストによって
     キリストがあがめられるように
1971年へ  1972年へ  1973年へ  1974年へ  1975年へ
1976年へ  1977年へ  1978年へ  40号記念へ  1979年へ
1980年へ  1981年へ  1982年へ  1983年へ  1984年へ
1985年へ  1986年へ  1987年へ