以前の詩

詩の友 第89号 1987年2月

紹介  「よろこびの泉」  日本ミッション機関紙

ぶどうの実   土屋和美

     朝の食卓に
     いろいろな種類のぶどうの実
     その一つ一つを口にふくめば
     秋のはじめの
     さわやかさがひろがる
     季節にぴったりの
     風味をつくり給うた
     神の御知恵よ
     それを味わえる
     舌をつくり給うた
     神の御愛よ

     ぶどう ぶどう
     濃い紫の大粒や
     みずみずしいみどりや
     小さいうすい赤い実などが
     収穫されている
     ある日
     人のたましいの収穫される日
     神様は
     霊の実りを
     一つ一つ手にとって
     ごらんになるだろう
     そして
     聖く愛に満ちた実を
     喜び楽しまれることだろう


     毎月発行の
     「よろこびの泉」
     かならず
     一面をかざる

     キリストを知らしめ
     心になぐさめ
     あたたかさを
     もたらす詩があり

     変えられた人生の
     喜びが
     あふれる紙面
     かならず
     聖書からの
     喜びを得る
 「わたしはぶどうの木で、あなたがたは枝です。人がわたしにとどまり、わたしもその人の中にとどまっているなら、そういう人は多くの実を結びます。わたしを離れては、あなたがたは何もすることができないからです。」ヨハネの福音書15章5節(新改訳)


投稿  「大会に参加して」  堤 清康

警告音ひびかせながらひた走る記念大会におくれじとして

聖別されめぐみあふるる会場に再会よろこび集う人々

九十五周祝う記念の大会歌天城の山にひびき流るる


投稿  「暮しの中で」  谷口幸子

なぜに人を責むる思いのいでしならん欠けのみ多きみずからにして

またしても人責むる座にわれのいてしばしもだすもついに流さる

人責むる思いのあとにおそいくるうしおのこどき悔いなわすれそ


投稿  「淋しさ」  森 健二

     午前九時
     青空を仰ぐと
     月が見える
     しかし光彩がない
     近くにうかぶ
     白雲と同じだ
     あの仲秋に見る
     明るい輝きは
     どこへ行ったのか
     光を失った月は
     淋しい
     世の光と言われた人も
     輝きを失えば
     その姿は
     淋しいだろう


89号の富澤誠治作

平和の祈り

     国民学校三年生

     四一年も前のこと
     でも
     あざやかに覚えている

     町の中から
     田舎へと
     疎開したあの日

     大八車で
     荷物を運んだ日

     遠くに見える
     学校の月山の緑
     それを目当てに
     一本道を歩いた日

     毎日遊んだ
     友だちと
     別れた日

     でも
     疎開先で
     友だちができた日

     たった一人の
     友だちができた日

     その友は
     一夜の空襲
     焼夷弾の
     直撃をうけ
     死んでしまった

     その時の
     心の痛み
     悲しみ
     今も
     あざやかに覚えている

     戦争はいやと

詩の友 第90号 1987年4月

紹介  「出会いの歌」  いのちのことば社刊

     目に映るものすべてが今までとは違う
     歩きなれたこの通りでさえ
     ビルの谷間を行き交う見知らぬ顔も
     とても親しい人のようだ
     すべてが美しい 今までとは違う
     すべてが美しい 今までとは違う
     愛を知ってから
     イエスに出会ってから



投稿  「ボケの花」  森 健二

     花なく淋しい
     この寒空に
     ボケの花が咲いている
     花のない時 咲く花は
     人の心を
     よろこばす
     この寒空に咲く
     ボケの花


投稿  「母子讃歌」  堤 清康

母と子の合唱の手振り不揃いに讃美の楽しくもあるか

幼らの体いっぱい手振りする親子讃美の様を見守る


投稿  「冬」  鈴木きよ子

折り紙にしたためてあり雪だより

真っ白な寒さの中の干菓子かな

卒寿の人カーネーションを画き賜う


90号の富澤誠治作

天城山荘へ来ると

     遊歩道を
     わずか歩めば
     そこに
     スミレが咲き
     ふきのとうは
     花になり
     野イチゴが
     枯葉の
     茶色と
     冬を越した
     緑の中で
     真っ赤に色づいている
     雑木林の中へ
     入れば
     天城春らんが
     つぼみをつけて
     春を告げている

     天城へ来ると
     いつも新しい
     発見がある

     神のことば
     聖書を読めば
     そこに
     新しい発見がある
 「そういうわけですから、私たちは、平和に役立つことと、お互いの霊的成長に役立つこととを追い求めましょう。」ローマ人への手紙14章19節(新改訳)
     人生で
     追い求むべき
     ものを
     発見する

     集会に出れば
     講師が語られる
     言葉の中から
     新しい発見がある
     "エリシャのシャローム"
     相手を理解する祝福
     "イエスのマスト"
     一人を愛する祝福

     仲間と語り合えば
     そこで
     新しい発見がある

     天城山荘へ来ると
     いつも
     新しい発見がある
   

詩の友 第91号 1987年6月

紹介  「百万人の福音」  いのちのことば社刊

「茎がふくらんでいるラン」  星野富弘作

     その一つから花が咲き
     その一つから葉が出る
     一つに総てが含まれ
     一つに総てが現わされる
     それがなくなったら
     私もなくなってしまうような
     ただ一つがある


     巻頭をかざる
     詩と絵
     毎月感動が伝わって来る
          (これは1987年のことです。)


投稿  「不思議  沢村せい

     不思議ネ この世界
     五月 空にさわやかな朝
     そよそよ吹く風
     若葉のにおい
     赤 白 色とりどりの花々
     空にはひばりの鳴く声
     不思議ネ
     世界中が美しく輝いている
     太陽も 月 星も


91号の富澤誠治作

すみれ

     都会の
     どまん中
     コンクリートの
     割れ目から育った
     すみれが
     むらさき色を
     太陽に向けて
     そっと咲いている

     一粒の種が
     落ちたのだろうか
     いつから
     育っているのだろうか
     わずかな割れ目にそって
     一列に
     花を開いている

     街路樹の
     さつきや
     つつじは
     長い日照りで
     枯れたのもある

     その時の
     すみれは
     葉を黄色に
     そめて
     痛々しい
     でも
     早春に
     花を咲かせ
     たくましい

     すみれを
     見ていると
     はげまされる


幸いなこと

     幸い
     それは
     誰でも求め
     みんな
     自分なりに
     頭の中に
     えがいている

     ある人は具体的に
     ある人は ぼんやりと

     聖書は
     時代を超えて
     語りかけている

     幸いなこと
     それは
     罪を
     赦されていること

     幸いなこと
     それは
     みことばを
     守る人のこと

     幸いなこと
     それは
     キリストに
     信頼する人のこと

     聖書を
     神のことばと
     信じる人には
     よくわかる


駄目にしない

     駄目なものを
     駄目にすることは
     誰にでもできる

     駄目なものを
     駄目にしない
     これは無から有を
     造り出すお方しかできない


聖書

     何回読んだだろう
     回数は
     覚えない

     何回読んでも
     新しい発見がある

     人の歩みは
     主によって
     確かにされる
     主は
     その人の道を
     喜ばれる
     その人は
     倒れても
     まっさかさまに
     倒れはしない
     主が
     その手を
     ささえておられるからだ
                詩篇37篇23.24節 参照
     落ち込んでしまっても
     みことばにはげまされて
     はいあがり
     歩みが
     確かにされ

     倒れても
     動けなくなることもなく
     みことばによって
     ささえられては
     新しくされ
     目標をもって
     歩み出す

     みことば聖書の著者は
     今も
     生きておられるから


花一輪

     ブラジルから
     とどけられた
     原種のラン

     六年目に
     花をつけ
     香りを
     ほのかにただよわせ
     お国を
     紹介している

     まだ見たことも
     おとずれたこともない
     国なのに
     身近に感じられる

     言葉も
     生活も
     違うだろうに
     一輪の花が
     人と人とを
     近づける

     くださった方に
     花の写真を送り
     共に喜ぶ
              

詩の友 第92号 1987年8月

紹介  「試練に勝つ」  教会新報社刊

     自分たちは廃人になりたくない・・・・・
     自分の責任にかけて生きてゆきたい
     たとえ小さな働きであっても
     自分で汗して働きたい
     手 足の自由はそこなわれていても
     働く使命は失われていない

        (聖恵授産所要覧 冒頭言)

     これと並んで
 「わが恵みなんじに足れり。わが力はなんじの弱きうちに全うせらるるなり。」Uコリント12:9.

     聖書のことばに
     支えられて
     筋ジストロフィー障害度一級
     聖恵授産所所長
     井原牧生牧師

     障害を持たれた方々と
     共に生き
     共に苦しみ
     共に喜ぶ
     生きざまが
     あらわされている

     ご自分の
     障害を
     神の恵みと
     受けとめて
     学び
     ふるい立ち
     人々の
     理解を
     勝ちとり
     良き働きをしておられる

     健常者は
     この姿に
     もっともっと
     学ばなくては・・・・・


投稿  「いこい」  森 健二

     畑にて
     雑草と戦い
     汗流し
     日陰にいこえば
     吹く風涼し
     見上ぐれば
     白雲の下
     トンビが舞う
     人を教えるものは
     聖書と大自然と
     誰かが言った


92号の富澤誠治作

陶器

     岡山県備前市で
     陶器の
     とりこになってしまった
     それ以来
     各地の
     焼物の
     美しさに
     出会う

     百円 二百円のもの
     百万円 二百万円もするもの
     もとは
     同じ粘土

     心ある人に出会うと
     焼物も
     その人の手元で
     大事に扱われ
     年月を過す

     名品は
     飾りもの
     宝として
     人の心に
     感動を
     生み出している
     それでも
     もとは
     同じ粘土

     ああ
     あなたがたは
     物をさかさに考えている
     陶器師と
     粘土を
     同じに
     みなしてよかろうか
     造られたものが
     それを造った方に
     「彼は私を造らなかった。」と言い、
     陶器が
     陶器師に
     「彼はわからずやだ。」と言えようか。
         イザヤ書29章16節(新改訳)


心の平安

     小さなできごと
     なんでもない言葉に
     心を痛め
     平安を
     失ってしまう
     弱い現実

     大きな事件には
     ますます
     しょげかえり
     心の平安を
     失ってしまう

     弱さを負う者が
     神のことば
     聖書のことばを
     受けとめる
     それだけで
     平安を
     回復する

     不思議な
     事実に驚く

     神である主は
     こう仰せられる
 「あなたは、わたしが主であることを知る。わたしを待ち望む者は恥を見ることがない。」イザヤ書49章23節(新改訳)
              

詩の友 第93号 1987年10.12月

紙上説教 「ペヌエルのめぐみ」  富澤誠治

 旧約聖書に登場する人物にヤコブと言う人がいます。ヤコブとい名前の意味は、取りかえる人ともおしのける者とも言われます。
 事実ヤコブは、兄エサウの長子の権利をアドムと言う赤いものの煮物で買い取ってしまったのでした。後には父から長子の祝福をだまし取ってしまったのです。
 そんなことがあってヤコブは、エサウと共に生活することはできません。兄エサウから逃れて母の里、ラバンと言う人の所へ行ったのでした。
 ラバンのもとでもできごとがいくつもありました。その一つはラバンの娘ラケルとの大恋愛でした。またラバンのもとでの労働、どれもドラマです。そこで家族を得、財を得たのでした。時が熟してヤコブは、神の命令もあって、両親・兄エサウの住む地に帰ることとなったのです。過去のことを思うと兄エサウの仕返しを受けるかも知れません。恐怖に満ちていました。
 ですから兄エサウに何回も贈り物を先に進ませ、なだめた末に兄に会おうとヤコブは行動したのでした。旅も進みヤボクと言う所に来た時、ヤコブはある人と格闘したのでした。旧約聖書 創世記32章には「人」と表現されていますが、それは神との格闘でした。
 これは、ただの格闘ではなく、神との交わり、祈りの格闘でした。人が神に勝てるはずがありません。しかしヤコブは神と祈りの格闘をしたのです。その格闘があまりにも激しかったのでしょう。神はヤコブのもものつがいをはずされたためにヤコブは不具になりました。でもそれからはヤコブとはいわれずイスラエル(神の皇太子)と呼ばれる祝福を得たのでした。
 その時、神にお会いし神が共にいますことを知って不安は去り平安を得ました。その時の心境をペヌエルと言ったのです。ヤコブは不具になりましたが弱さとはなりませんでした。へりくだりを学び神の祝福にあずかる原則を身につけたのでした。
 私もペヌエルの恵みに感動しています。10月14日胸に激痛、すぐ近くの病院へ入院、続いて21日には循環器専門病院へ紹介転院、冠動脈れん縮による発作であることが判った。心臓に病気のある不具が明らかになった。
 しかしヤコブのできごとは、私にとっても事実になりました。弱さが福音に仕える使命の確信となったのでした。
ペヌエル
     旧約聖書のヤコブ
     彼は自分の力 失い
     そのとき得た
     感動のことば
     それがペヌエル
     神にお会いした
     感動のことば
     それがペヌエル
     ペヌエルは私のめぐみ
     ここはペヌエル
     ここがペヌエル
     ここもペヌエル
 退院を待つ入院中に福音に仕える召しを再確認できたことは大きな感謝であった。11月18日退院できて、福音に仕え、詩の友も発行できるめぐみをキリストに在りてかみしめています。
 (10.12月合併号は、理由があったのでした。今、詩の友をインターネットで発行できることを感謝しています。)


93号の富澤誠治作

川床

     源流は
     岩場
     そこから水が涌き出

     少し川をくだると
     ごつごつした
     大石
     そこを水が流れ

     もう少し
     流れをくだると
     かどがとれて丸くなった
     中石
     その流れはゆるやか

     それをすぎると
     小石の集合となり
     砂地となって
     水をたたえている

     川床を見ながら
     人生のドラマを思う




     秋の青空
     朝には雲一つなく
     昼には
     どこからともなく
     雲が満ちて
     夕には
     雲一つない空になる
     それを見ているだけで
     心は満ち足りる

     晴天に
     小鳥の群が
     渡り行き
     にわかに空も
     にぎやかになる

     窓の外に見えるビルは
     いつも同じ
     ところが
     空はちがう
     しばらく見ていると
     雲の形は変り
     色も変り
     見あきることがない

     秋雨の空
     落葉樹は
     色づき
     木の葉を
     はらはらとちらし
     風情をそえているのに
     空は何時間も
     灰色で変りない

     秋のくもり空
     雲の間から
     光差し込む
     ただそれだけのことが
     人の心をなごませ
     話題が起り
     明るい雰囲気をもたらす

     夕焼の空
     誰言うとなく
     "きれい"
     そのことばに
     さそわれて
     空をながめに
     集まって来た人に
     さわやかさがおとずれ
     明日への希望が
     できている
      (名城病院入院中のことのようです。)
              
1971年へ  1972年へ  1973年へ  1974年へ  1975年へ
1976年へ  1977年へ  1978年へ  40号記念へ  1979年へ
1980年へ  1981年へ  1982年へ  1983年へ  1984年へ
1985年へ  1986年へ