以前の詩

詩の友 第83号 1986年1月

投稿  

  沢村せい

     イエス様
     今 私は悲しくはないのです
     でも涙が出ます

     イエス様
     あなたが
     私の心の中に宿って
     くださっていますから
     こんなに こんなに
     感謝の涙が出るのです

安き 沢村せい

     イエス様
     こんなに心が豊かであることを
     ありがとう


投稿  

聖書研究祈祷会にて
  心幸

     父といると
     そう 今 いるの
     なんとなく新鮮だった
     うれしかった

     彼は父
     ボクは子供
     彼は牧師
     ボクは生徒

     本当に父が牧師
     牧師が父であること
     誇りに思う


投稿  

コスモスの花
  中村政夫

     コスモスの花
     大きな口をあけながら
     クスクスと笑っている

     ピンクのやさしい
     ワンピースを着ながら

     きょうも
     ぼくとお話ししてくれるコスモス
     おまえのようなやさしい人に
     ぼくもなりたい


投稿  

目を上げて見よ
  森 健二

     夕焼けの赤きを見れば
     明日は晴れであると知る
     果たして然り
     心を天に向わしめよと
     トマス・アケンピスは言う

     天啓の書である
     聖書のことばに
     我らの心を向わしめよ


83号の富澤誠治作

見あきたことがない

     空を見て
     見あきたことがない

     嵐の日の空は
     恐ろしい
     でも見あきたことがない

     晴天の日
     雲もなく
     青一色
     でも見あきたことがない

     雨の日
     空は見えない
     でも雲の向こうを
     想像すると
     見あきたことがない

     山を見て
     見あきたことがない

     春も
     夏も
     秋も
     冬も
     その日の顔をしている
     やっぱり見あきたことがない

     野原を見て
     見あきたことがない

     背の高い草は
     誇らしげ
     でも きれいな花はつけない

     背の低い草は
     淋しそう
     でも 花は美しい

     冬に
     草は枯れるのに
     やっぱり見あきたことがない

     海を見て
     見あきたことがない

     争った
     足あとも
     波は消してしまう

     大きな波の時も
     さざ波の時も
     見あきたことがない

聖書のことば
 「天は神の栄光を語り告げ、大空は御手のわざを告げ知らせる。」詩篇19篇1節(新改訳)
              

詩の友 第84号 1986年4月

紹介  「八木重吉詩集」

原っぱ

     ずいぶん
     ひろい原っぱだ
     いっぽんのみちを
     むしょうに
     あるいていくと
     こころが
     うれしくなって
     ひとりごとをいうのが
     うれしくなる


投稿  

  森 健二

     杖! 杖! 杖!
     杖は神のみことば
     モーセの杖
     羊飼いの杖
     花咲きたるアロンの杖
     杖は奇跡を起こし
     羊を導き
     神の臨在を示す
     杖持ちて歩まば
     つまずくことあらず


84号の富澤誠治作

あなたはわたしのもの

     私の年齢は五十歳
     1986年3月13日
     天城山荘
     教団総会 閉会礼拝
     聖句は
     「あなたはわたしのもの」
     みことばが心にひびく

     最後の聖歌
     新しい地にふみいだす
     さんびをはじめてまもなく
     胸に激痛
     立っても
     座してもおられず
     伏して横になる

     痛みのため
     もうろう

     ぼんやりした意識の中
     オリーブ油が注がれて
     祈りの声
     救急車を手配する声
     心にひびくのは
     「あなたはわたしのもの」
     意識がもどって来る

     救急車の中
     酸素吸入
     ますます意識ははっきり

     中島医院で
     心電図
     中島先生
     "何も異常はありませんよ"

     目をぱちくりしつつ
     同労の先生方に
     支えられて
     名古屋へ

     かかりつけの病院へ
     心電図の結果は
     "異常ありません
     でも念のため
     24時間心電図をしましょう
     異常の時のために
     舌下錠を出しましょう"
     やはり心にひびくのは
     「あなたはわたしのもの」

     主のものならば
     生きることも
     死することも
     み手にまかせて
     伝道者のわざ
     仕える働きをしよう

     「あなたはわたしのもの」と
     宣言される
     主は
     何かをなさるのだろう

     同時に
     胸ふくらませて
     主の所有として歩もう

     主のみ手に中にある者が
     どんな歩み方をするのか
     見ていてほしい

     きっとあかしが
     新しいことが
     生まれる
               (イサヤ書43:1-21.)


イースター

     花一輪
     それは
     見る人の心を
     なごませる

     キリストの復活
     それは
     私の救い
     私の希望

     キリストの復活
     それは
     なにものにもかえがたい
     あなたの救い


主のみわざ

     小さなことでも
     主のみわざを
     見落さないで
     感謝しよう

     大きなことなら
     もっと感謝しよう


 詩の友 第85号 1986年6月

紹介  「夕暮になっても光はある」  林 富美子著

秘めごと

     生まれたての赤ちゃんに
     おかあさんがわかる
     この人間の神秘

     生まれた時と同じように
     死ぬ時には
     神さまが見えるのかしら

     ああ
     言葉では表現できない
     神と人間との
     ふしぎな秘めごと

            (夕暮れになっても光はある P56)

     著者の林 富美子さんは
     特別養護老人ホーム
     十字の園の医師

     おじいさん
     おばあさんの
     生きざまを
     看護婦として働かれる
     土田セイさんの
     絵とともに
     とらえて表現している

     お年よりを
     もっともっと理解するのは
     いま必要なこと


投稿  

希望
  森 健二

     パスカルは
     人間は弱い葦のようなものだ
     しかし考える葦である と言った

     イザヤは
     野犬のふしたるすみかは
     あしよしの茂りあうところと
     なるべしと預言した

     神はアブラハムの子イサクに
     わたしがあなたと共にいる
     わたしはあなたを祝福し
     あなたの子孫を増し加えようと
     約束された

     信仰による希望は
     広く深く明るい


85号の富澤誠治作

ハレルヤ


     主をほめよ
     音楽にのせられた
     言葉を聞いて
     感動の涙あふれ

     主をほめよ

     みんなと歌いつつ
     こんな私に
     お与えくださった
     イエスさまの
     み救いに
     感動して涙あふれ

     主をほめよ

     これからも
     神さま
     みわざをなさってくださいと
     祈っていると
     信仰がわいて来て
     感動の涙あふれ

     主をほめたたえる


人と機械

     コンピューターは機械
     機械だから
     使い方さえ
     知っていれば
     人の自由になる
     人の命じる通り
     規定通りにする

     人は
     コンピューターとは違う
     命じることが
     通じないこともある

     機械人間は
     人間ぎらいになる

     真に人であれば
     人間大好きになる

     少しは
     悩んでも
     人であり続けよう


弱さ

     人は自分の弱さを
     いやというほど
     見せられることがある

     その時
     どうするか
     それによって人生が変ってくる


あくまでそれを続けにさい

     年若い
     伝道者テモテに

     老練な
     伝道者パウロは

     「あくまでそれを続けなさい。」

     そう言って
     励ましている

     実年になった私
     やっぱり
     パウロのことばは
     励ましになる

     キリストの
     愛にかこまれ

     キリストの
     救いにかこまれ

     キリストの
     いのちにかこまれ

     キリストの
     働きにあずかっている

     そのめぐみを
     あくまで続けよう

聖書のことばは
 「自分自身にも、教える事にも、よく気をつけなさい。あくまでそれを続けなさい。そうすれば、自分自身をも、またあなたの教えを聞く人たちをも救うことになります。」テモテへの手紙第一 4章16節(新改訳)


 詩の友 第86号 1986年8月

紹介  「かぎりなくやさしい花々」  星野富弘著

ドクダミ

     知らなかったよ
     こんなにきれいだったなんて
     すぐそばにいて
     知らなかったよ


     ドクダミの
     絵にそえられている詩

     その感動は
     本を開いて
     絵を見て
     詩を読まなくては
     伝わって来ません

     しかも 星野さんは
     体操の先生
     事故による障害を
     乗り越えて
     絵と詩によって
     生きる喜びを
     語っている
     「かぎりなくやさしい花々」

     子供も
     大人も
     読んでいただきたい本

     私も
     ドクダミの
     花を思い出して
     日陰の草なのに
     美しい花を
     咲かせているのに
     あらためて
     感動した

     もっともっと
     感動をもって
     見る目を養わなくては・・・・・


投稿  

涼風
  森 健二

     寒暖計は
     三十度を示す
     暑い日の午後
     廊下に座し
     外を眺める
     庭の木の葉が
     さわやかにゆれる
     風が吹いている
     救われたような
     気が起る
     風は思いのままに吹く
     霊から生まれる者も
     みなそれと同じだ


86号の富澤誠治作

オアシス

     暑い夏の
     日照りの中で
     オアシスを
     思う

     水の豊かな
     この国では
     オアシスの
     めぐみは
     わからない

     砂漠を旅してこそ
     オアシスの
     めぐみは
     よくわかる

砂漠の民の歌
 「幸いなことよ。悪者のはかりごとに歩まず、罪人の道に立たず、あざける者の座に着かなかった、その人。まことに、その人は主のおしえを喜びとし、昼も 夜もそのおしえを口ずさむ。その人は、水路のそばに植わった木のようだ。時が来ると実がなり、その葉は枯れない。その人は、何をしても栄える。」詩篇1篇 1-3節(新改訳)

     人のオアシス
     キリストのもとにある人は
     幸いな人




     さつきの六鉢に
     冬には
     一週間に一回
     春と秋には
     二、三日に一回
     夏になると
     朝と夕に一回
     ジョーロいっぱいの水

     それだけのことで
     年に一回
     見事な花をつける
     おこたれば
     それだけで終る
     しかし
     神は私に
     みことばの水で
     うるおしてくださる

     人生の花も
     咲かせてくださる
     水のめぐみ
     みことばのめぐみ


名古屋のどまん中で

     ビルと道
     それが都会の姿

     犬と散歩すると
     土のあることがわかる
     街路樹の下に
     草のあることがわかる
     道のかたわらの
     花木のそばに
     家々には
     植木鉢がある
     そこに緑がある

     人が生きづいている

     みんな
     しあわせを求めて


 詩の友 第87号 1986年10月

投稿  

栄光の輝き
  森 健二

     あかず眺める
     千変万化の雲
     きょうも仰ぎ見る
     薄墨色の大いなる雲
     その雲から
     輝き出ようとする太陽
     陸離たる光線が
     数条流れる
     栄光の輝きを
     示すがごとく


87号の富澤誠治作

家族のきずな

     大家族から
     核家族へと
     時代は移り
     今また
     三世代同居家族
     四世代同居家族が
     増えて来ている

     アンケート調査は
     その時代の姿を
     浮き彫りにして
     家族のきずなの
     大切さを訴えている

     くつろぎのあるはずの
     社会の
     基本的な
     集団に
     責めばかりが
     入り込まないように
     生きることは
     できないものだろうか


やさしい人々

     悩んでいる人
     苦しんでいる人
     悲しんでいる人
     淋しい人
     不安をもっている人
     自信をなくしてしまった人

     その人たちの
     理由を聞いていると
     なるほど
     なるほどと
     うなずけて
     みんなやさしい人に
     見えてくる

     やさしい人だから
     痛むのだろうか


キリスト

     生まれた所は
     ベツレヘム

     寝かされた所は
     飼葉おけ

     貧しい貧しい誕生

     活動された所は
     ユダヤ
     サマリヤ
     ガリラヤ
     ペレア
     デカポリス
     そのどこでも
     病める人をいやし
     悩める人を慰め
     力あるご活動

     にもかかわらず
     つけられたのは
     十字架

     罪を犯した者が
     掛けられる
     十字架

     罪を犯した者なら
     当然かも知れない
     しかし
     キリストは
     罪のないお方

     なぜ なぜ なぜ

     キリストには
     見とれるような姿もなく
     輝きもなく
     慕うような見ばえもない
     イザヤの預言のとおり (イザヤ書53章 新改訳)

     キリストの
     十字架は
     私たちに平安をもたらし
     キリストの打ち傷によって
     私たちはいやされた
     これもイザヤの預言のとおり (イザヤ書53章新改訳)

     十字架に
     掛かられた
     キリストさまが
     葬られたのは
     だれも葬られたことのない
     新しい墓

     葬られた悲しみは
     三日間
     週の初めの日の朝には
     復活され

     私たち人の
     救いの保証となられた
     キリスト

     それは
     私の救い主
     あなたの救い主


 詩の友 第88号 1986年12月

紹介  

生かされて
  松尾セキ著

生かされて若葉かがやく季に会えばぼうこう切除の身もなげくまじ

生かされてしばし世に在る旅人に過ぎずと知りてすがしくなりぬ


投稿  

神の恵み
  奥平顕光

主の御手の限りなき愛今日も受け喜の字の旅路つつがなく歩む

久々に秋陽照りつく栗畑に栗の実はじけ味覚楽しむ


投稿  

御手の大きさ
  七原勝子

天地創造の御手の大きさ夕焼のしまなす朱をあかず眺むる


投稿  

自然讃歌
  森  健二

     天高く馬肥ゆる秋
     馬は近ごろあまり見ぬが
     青空は
     いつでもどこでも
     仰ぎ見ることができる
     紺ぺきの空に
     白雲がただよう
     もろもろの天は
     神の栄光をあらわし
     大空はみ手のわざを示すと
     詩人はうたった
     大自然の讃歌は
     創造の神をほむる
     我らの讃美にふさわしい


88号の富澤誠治作

クリスマス

 主によって語られたことは必ず実現すると信じきった人は、何と幸いなことでしょう。 エリサベツ ルカによる福音書1章45節(新改訳)
     キリスト降誕前の
     エリサベツの言葉
     イエスの母
     マリヤへの賛辞
     そのことばの中から
     教えられる

     神のなさることに
     すべてをまかせ
     信じきった人
     マリヤ

     現在も
     神のなさることに
     すべてをまかせ
     信じきった人
     その人たちによって
     神の事業は
     進展する

     個人の生活の中で
     学校で
     職場で
     神のなさることに
     すべてをまかせ
     信じきった人
     その人によって
     神の祝福が
     広がって行く

     神のなさることに
     すべてをまかせ
     信じきった人は

     マリヤとともに
 「わがたましいは主をあがめ、わが霊は、わが救い主なる神を喜びたたえます。主はこの卑しいはしために目を留めてくださったからです。ほんとうに、これから後、どの時代の人々も、私をしあわせ者と思うでしょう。」ルカの福音書1章46から48節(新改訳)


目次へ