以前の詩

詩の友 第78号 1985年2月

紹介 中原中也詩集 大岡昇平編

無題と題した作品の中の Xだけは 幸福と題されている。

X 幸福

     幸福は厩(うまや)の中にゐる
     藁の上に
     幸福は
     和める心には一挙にして分かる
         頑なの心は 不幸でいらいらして
         せめてめまぐるしいものや
         数々のものに心を紛わす
         そして益々不幸だ
     幸福は休んでゐる
     そして明らかになすべきことを
     少しづつ持ち
     幸福は 理解に富んでゐる
         頑なの心は 理解に欠けて
         なすべきをしらず ただ利に走り
         意気消沈して 怒りやすく
         人に嫌われて 自らも悲しい
     されば人よ つねにまづ従はんとせよ
     従ひて 迎えられんとに非ず
     従ふことのみ学びとなるべく 学びて
     汝が品格を高め そが働きの裕かとならんため


投稿 「あたたかい手」    桑原勝芳

     きのう失敗した
     思い出すたびに
     顔が赤らむ
     心がさわぐ
     きょうも失敗した
     ああ 自分がいやになる
     いつになったら失敗の日が
     こなくなるのだろう
     あすか あさってか

     ふと見上げると
     主イエス様の御顔が
     あたたかい御手が・・・・・
     そうだ このお方の
     手の中にいれば
     希望がわいてくる
     このお方の
     御手の中には
     平安でみちている


78号の富澤誠治作

生きざまをもって

     自分の
     生きざまをもって
     キリストの証人となられた
     朝岡 茂師

     1984年6月10日
     ペンテコステが
     最後のメッセージ
     題は
     「神の声に聞く」
     神の全面支配の中で
     生きる
     それは
     神の声に聞く生活
     私は
     この世の
     一切に失望してしまった時
     神の声に聞く生活を得た
     それは
     初代教会の祝福です
     個人の生活の祝福です
     私への祝福でした
     その祝福を
     私は話さないわけにはいきません
     あなたも
     神の祝福を
     隣人に
     お話しください

     愛の涙をもって
     語られた
     朝岡 茂師

     浜松の聖隷病院
     ホスピス病棟で
     「主の手に落ち入っています」
     私への
     最後の
     言葉を残された
     朝岡 茂師

     師と
     出会ったのは
     二十年も前の
     箱根
     小涌園の
     ケズイック・コンベンション

     毎回出会うのは
     日本同盟基督教団の
     教団総会
     研修会
     どれも個性を
     まる出し

     その一つ一つは
     自分の
     生きざまをもって
     キリストの証人となられた
     朝岡 茂師

     私と同じ
     昭和十一年生まれ
     出会いの
     めぐみはつきない
              
              

詩の友 第79号 1984年4月

紹介 「ジョン・ニュートン」  山口 昇訳

     船員であり
     船長でもあり
     のちに牧師になり
     さんびか作者でもあった
     ジョン・ニュートン

     「驚くべき恵み!
     何と美しい言葉でしょう
     こんなみじめな者も
     救ってくださるとは
     かつては
     失われ盲目だった私が
     今は見出され
     見える者とされたのです

     多くの危険
     困難
     誘惑を
     私はくぐりぬけてきました
     ここまで安全に
     導いてくれたのは恵みです
     天の家までも
     導いてくれるでしょう


     聖歌では
     "おどろくばかりの
     めぐみなりき" と歌い出され
     神のめぐみが歌われている


投稿  「暮らしの中から」  鈴木 実

     山上の垂訓学ぶ梅真白

     聖句得て心安まる梅咲けリ

     恵まれし日々の暮らしや水ぬるむ


79号の富澤誠治作

天城山荘

     天城山荘にいると
     聖書に親しみたくなる
     今回の滞在で
     旧約聖書は
     出エジプト記
     新約聖書は
     マルコの福音書
     二つの書を
     読み終えた

     天城山荘にいると
     神に祈りたくなる
     教会の人々のために
     祈りたくなる

     天城山荘にいると
     みことばの確信が与えられる
     自分の願いではなく
     「すべては神の栄光のため」
     「主がお入用なのです」
     教会の
     祈りを必要とする
     人々のために
     みことばの確信が与えられる

     山荘の
     職員さんの
     親切にかこまれて


デパート

     食品も
     衣類も
     雑貨も
     お花も
     美術も
     何でもある

     見て楽しく
     買い求めて楽しく
     人を満ち足らせる
     デパート

     人の心に
     影響する
     文化があって
     芸術があって
     心にうったえる
     材料がいくらでもあるのに
     足らないものがある

     福音が・・・・・


受難週

     イエスは
     こういわれた
     「エルサレムの娘たち。
     わたしのことで泣いてはいけない。
     むしろ
     自分自身と、
     自分の子どもたちのことのために
     泣きなさい。」
     ルカの福音書23章28節(新改訳)

     イエスの
     ご受難の痛みを
     少しでも知ろうと
     聖書を読み
     祈りはじめたのに
     それが
     自分のために
     家族のために
     知人のために
     友人のために
     泣く

     それこそが
     受難のイエスの
     私への御心であった


イースター

     ベツレヘムで生まれ
     ナザレで育ち
     エルサレムで
     十字架につけられた
     キリスト

     墓には遺体はない

     三日目に
     復活された
     キリストに
     墓の必要はない


 詩の友 第80号 1985年6月

紹介 PBAだより  発行 太平洋放送協会

「わたしの眼は」より  屋比久秀子作

     わたしの目は
     光を知らないの
     でも
     魂は
     本当の光を知ってるわ
     イエスさまが
     私の心に
     入ってこられたからよ
     だって
     生命の光ですもの

       −中略−
     わたし
     お母さんの顔
     見つめたことないの
     でも
     イエスさまのお顔を
     見上げているの
     ほほえみながら
     「来たりていこえ」と
     呼んでいらっしゃる
     やさしいお声が
     祈りの時
     さわやかに聞えるのですもの


全盲の福音歌手(現 堂面秀子作)

 PBAだよりはキリスト教の放送番組を紹介する機関紙、名古屋は東海ラジオ1332KHzで月曜から土曜の午前5時40分から5分放送


投稿 「お支え下さい」  鈴木きよ子

     新緑の美しく晴れた日は
     汗ばむ程であっても
     糸のような雨の降る日は
     足元に そっとストーブを置きます

     肢体が不自由であっても
     それなりの生活ができるなら
     感謝の祈りを献げましょう

     神様とわたくしとの生活が
     一日も永く続きますように
     「主よ お支えください」と
     頭をたれて祈りましょう

     受洗カードは
     尊い神様との出会いのしるし

     み国の門に立たせていただく時の
     大切な証しとして
     純白な封筒に納めてあります


投稿 「弱者」  沢村せい子

     きたない心
     いやな思い
     こんな心がいやです
     イエス様
     こんな私を
     あわれんでください
     美しい 心と
     聖い あなたのお教えを
     私の身に
     つけさせてください
     弱い者ですから
     イエス様
     あなたの
     みかお照らしてください


80号の富澤誠治作

トンネル

     バスで観光すると
     いくつもいくつも
     トンネルに出会う

     トンネルは
     目的地への近道

     人の歩みにも
     トンネルがある
     だれの人生にも
     つきまとう
     やみ路
     その中は不安で
     苦痛に満ちている

     でも
     トンネルは
     光りあるあすへの近道


 詩の友 第81号 1985年8月

紹介 「天国へのVサイン」 寺部律子著

詩は富澤誠治作

     寺部善樹君のこと
     彼は
     金沢大学在学中
     悪性脳腫瘍にとりつかれた
     学業をなかばにして
     学業を断念し
     情報処理技術者試験も
     挑戦することができず
     どれほど くやしかっただろう

     数回の手術に耐えて
     脳腫瘍との戦い

     とうとう
     気管支まで冒されて
     切開すれば
     もう
     声は出せない

     気管支手術の前に
     母の求めに答えて
     "お母さん お母さん お母さん"
     三度の呼びかけ

     手術の後は
     声は ない
     敗北だったのか
     否 否 キリストにありて
     無言の
     勝利のVサイン


飛騨川

     岩場に点々と
     咲いている岩つつじ
     堅い世界の中にやわらかさをそえ
     赤い花は
     岩場に温かさをそえている

     キリスト者の生活も
     ごつごつした
     岩場のような現実にも
     キリストによって
     温められ
     世界をやわらかにし
     温かさをそえる存在でありたい

     岩場をとりまく緑
     岩つつじが
     緑を引き立てるのか
     緑が岩つつじを引き立てるのか
     お互いに
     おぎないあっている

     人の生活も
     たえずおぎないあうことが
     とても大切ではないか
       
高山線上麻生ダム下流で 1985年6月11日

     飛騨川を見ていると
     たいくつしない
     あるところははげしく流れ
     あるところは水をいっぱいためて
     ゆっくり流れている

     人生も
     はげしい流れの時もあり
     おだやかに流れている時もある

     飛騨川に
     人生のドラマを見る
       
高山線白川口下流で 1985年6月11日

     栗の花が
     枝の頂点から
     たれさがって咲いている
     秋には
     つやつやの実を
     つけるよと
     語りかけるように
     咲いている
    
    高山線各務原付近 1985年6月11日

     美しい山の緑に囲まれて
     下呂温泉はある
     午前十時
     いずみ荘の部屋に
     昼のおそうざいだろうか
     良い香りがただよう
     迎える人と
     迎えられる人がいて
     互いに支え合っている


根の上高原

     暑い名古屋を離れ
     教会学校生徒と共に
     電車と
     バスで
     一時間半

     こんな近くに
     こんな涼しい
     別天地

     木立からは
     うぐいすの鳴き声が聞え
     真夏を忘れてしまう

     じっと耳をすますと
     名も知らぬ
     小鳥のさえずり

     湿原には
     真っ白い花の
     サギ草が咲き
     草むらには
     ピンクの
     ネジ花が咲き

     園芸愛好者には
     見飽きない
     美しい世界

     虫が暖を求めて
     人に近づいて来る
     自然のあふれる世界

     教会学校の生徒は
     そこで
     何を感じ
     何を学んだのだろう

     キャンプのテーマは
     「救い主キリストさま」
     キリストを知り
     キリストを知らせ
     キリストのために生きる

     生徒も
     教師も
     みんなでたしかめ
     キャンプは終る


聖句  詩篇19篇1−4節
     天は神の栄光を語り告げ、
     大空は御手のわざを告げ知らせる。
     昼は昼へ、話を伝え、
     夜は夜へ、知識を示す。
     話もなく、ことばもなく、その声も聞かれない。
     しかし、その呼び声は全地に響き渡り、
     そのことばは、地の果てまで届いた。



 詩の友 第82号 1985年10月

紹介 「こぼれ落ちる涙さえ」  工藤一麦著

     "劣等感に打ちひしがれている人
     病に伏す人に
     ささげる詩集"

     巻頭言にある

     劣等感 病は
     誰でも経験していること

     工藤一麦さんも
     劣等感や病に
     苦しんだのだろう

     "「感謝」
     わたしのように
     とるにたらぬ者が
     この世に生きていられるのは
     わたしでなければ
     できない何かを
     神さまが
     与えてくださっているからだ"
  20ページ

     苦しい
     感情の中で
     慰めを得
     生きる使命を
     発見する
     詩人の心が
     伝わって来る

     読者に
     感動や
     なぐさめ
     豊かな糧をもたらしている


投稿 「かまきり」  森 健二

     夏の日のひるさがり
     草刈りをして
     家に帰り
     机の前にすわると
     シャツにでもとまっていたのか
     一匹のかまきりが
     机の上に飛び降りた
     四つ足をひろげて
     かま首をあげ
     逃げようともしない
     二センチほどの
     かわいいかまきり
     そっと封筒にのせ
     外に出て
     庭の青葉の上においた


82号の富澤誠治作

草を見ていると

     春から夏に
     咲き誇っていた
     草花が
     徐々に
     美しさを失い
     寂しそうに
     つやがうすれ
     葉の先は折れて
     秋の姿になって行く

     真夏の
     美しさは
     もはやない

     草が
     私に
     語りかけている

     語り掛けが
     聞えれば
     秋と
     冬に
     備えるにちがいない

聖書 ペテロの手紙第一 1章24.25節(新改訳)
「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。」

     聖書の箇所を
     開いて
     大切なことを
     見とどける

(1985年12月号がなかったのは家内が子宮筋腫の手術で入院、和文タイプができなかったからでした。)

1971年へ  1972年へ  1973年へ  1974年へ  1975年へ
1976年へ  1977年へ  1978年へ  40号記念へ  1979年へ
1980年へ  1981年へ  1982年へ  1983年へ  1984年へ